鳳凰三山 日帰り

前から友達と計画してた日帰り鳳凰三山だったけど、天候や予定が合わないこともありなかなか登りに行くことができなかったけど、やっと登りに行くことができました。

 

ルートは青木鉱泉に車を停めて、ドンドコ沢から登り、地蔵岳観音岳→薬師ヶ岳に行き、中道コースで青木鉱泉へ下山するルートです。

 

5時に青木鉱泉の駐車場に到着。

平日なこともあってあまり車が停まってませんでした。

駐車料金があり、800円でした。

 

準備して登山開始です。

初めての南アルプスなのでわくわくします。

 

序盤は沢の近くをなだらかに登っていく感じですね。

途中から急こう配になっていきます。

 

でっかいキノコがありました。

森の中にはいってから谷側の斜面がきついので一瞬で下まで落ちますね。

 

最初の滝ですね。ドンドコ沢コースは何か所か滝があるので見どころが多いです。

この滝は名前がついてないみたいです。

 

地蔵岳までの標高差の割に距離が短いのが気になってましたが結構勾配がきついですね。

 

今日は晴れの予報でしたがなんだか曇ってますねw

 

南精進ヶ滝に着きました。

ここまで結構登ってきましたが、まだまだ序盤みたいですw

 

岩とか登ったりします。

南精進ヶ滝過ぎてからさらに勾配きつくなったような感じがします。

 

白糸の滝に着きました。

白糸の滝はどこにでもありますねw

 

南アルプスも苔が結構生えてるんですね。なんだか八ヶ岳みたですね。

 

五色滝に着きました。

もうちょっと近くに寄れるみたいですが、体力を温存したのでまた今度にしよう。

 

五色滝までくると勾配が緩くなってきます。

 

オベリスクが見えてきました。

まだ晴れてそうなので早くあそこまで行きたい!

 

オベリスクが見えてきたから沢を歩く感じになってきます。

 

鳳凰小屋に着きました。

ここまで3時間半、結構長かった

休憩して地蔵岳に進みます。

 

鳳凰小屋付近はまだ樹林帯です。

 

やっと樹林帯を抜けて地蔵岳までもう少し

少しですが砂の坂になっていて思うように登れないです。

 

もう少しだと思っていましたが、結構登りますね。

ここも結構きついポイントです。

 

観音岳の奥に富士山が見えてました。

 

地蔵岳に到着です。

奥には甲斐駒ヶ岳が見えます。

 

甲斐駒ヶ岳仙丈ケ岳、あそこもいづれ登りたい!

 

オベリスクの一番上まで行くのは至難の業みたいなので登れるところまで登ってみることにしました。

 

まだまだ上に登れましたがギブアップ・・・

 

オベリスクから下山して前景

どうしてこんな地形になったのか知らないですけど芸術ですね。

 

地蔵がいっぱい

 

赤抜沢ノ頭に着きました。

ここから西へ行くと広河原方面に行けます。

 

かわいい鳥たちがいました(名前がわからない・・・

 

地蔵岳観音岳は砂の道が多いですね。

 

なぜか石で囲われてる木

 

観音岳に着きました。

ヤマップだと観音岳に辿り着くと鳳凰三山に登ったことになるみたいですね。

 

ガスガス

オベリスク辿り着いた時の青空はなんだったのか・・・

 

薬師岳に着きました。

薬師岳の山頂は広めでした。

 

薬師岳小屋に来ました。

大体の人は薬師岳からすぐに下山するみたいだったので全然人がいませんでした。

昼飯にする前に近くにある砂払岳に登ることにしました。

 

標識がなくてピークがどこにあるかわからなかったので適当にピークっぽところに登るw

 

薬師岳小屋に戻ってお昼

小屋で買ったコーラとカレーヌードル

 

昼飯食べて薬師岳に戻ってきました。

ここから長い下りが始まります。

 

勾配がきついですね。結構足にきます。

 

御座石につきました。

思ったよりもでかい岩で迫力がありました。

 

苔の生えてる地帯にきたので石とか木の根で滑ります。

 

苔地帯から抜けて歩きやすい道になりました。

さっきの御座石から見どころがないので結構苦行ですね。今回は友達と来ててずっとだべっていたのでまだなんとか飽きずに下れてた感じです。

 

やっと人工物が出てきました。

森の中にポツンとあるのでなんだか怖い・・・

 

薬師岳登山口に着きました。

後は林道を歩くだけです。

 

赤い印のところから左に行くと川を渡って青木鉱泉までショートカットできます。

川の流量が多いと渡れないみたいです。

 

日が落ちる前に戻ってこれてよかった

 

青木鉱泉に戻ってきました。

結構疲れたので早く温泉入って飯を食べたい!

 

韮崎旭温泉でゆっくり

富士山を見ながら温泉に入ることができます。

 

山梨きたらやっぱりほうとうですね。

小作のほうとうはボリュームがあるので腹が膨れて、帰りの高速がめっちゃ眠かったw

 

yamap.com

今回のヤマップの情報です。

最近あんまり天気が良くていい景色が見れてなかったけど今回はきれいなオベリスクが見れてよかったです。

ただ、標高差2000mのピストンは結構きついですねw

 

 

北八ヶ岳縦走

先月阿弥陀岳を登り八ヶ岳制覇(ヤマップのバッチ上)まで後硫黄岳、横岳を登るだけになりました。

この二つを登る前に北八ヶ岳の登ってない山々を登りに行きたいと思い計画を立てることにしました。麦草峠から登れば双子山まで縦走して戻ってこれるルートを見つけたのでいざ出発!

 

5時半に麦草峠に着きましたが雨・・・

夜に雨が降る予報になっていたので長引いてるだけだと思いしばらく待機しました。

7時くらいに雨が止んできたので登山開始です。

 

佐久穂町の標識のところに登山口があります。道を挟んで反対側には麦草ヒュッテがあります。

 

登山口からすぐのところに雨池と茶臼山方面への分岐路があります。茶臼山方面へ向かいます。

 

始めは木製の道を歩くので楽ですね。

 

苔の世界

 

大石峠に着きました。

左に進むとロープウェイまで最速で行けます。

 

中小場に着きました。

一応ここもピークですね。

 

なんかパッとしない天気ですがなんとか赤岳までは見えますね。

 

茶臼山付近はちょっと勾配きついですね。

 

茶臼山付近に着きました。

茶臼山は縦走コースから寄り道したところにあるみたいですね。

 

茶臼山に着きました。

めっちゃ雨降ってきましたw

すぐに止みそうだったのでこのまま進みます。

 

茶臼山縞枯山の間で雨が止みました。

雨降ったせいで止んでも岩とか木の上が滑りますねw

 

遠くに御嶽山が見えました。

 

縞枯山に行く前に展望台にきました。

縞枯山のピークは展望がよくないのでここで景色を楽しみます。

 

赤岳も見えなくなってる・・・

 

縞枯山に着きました。

縞枯山は花の百名山に選ばれてるところですね。

 

雨池峠に着きました。

ここから三ツ岳方面は危険なところが多いのでしっかり休憩します。

 

北八ヶ岳ロープウェイが見えました。

 

雨池山に着きました。

 

違った!こっちが雨池山でしたw

 

雨池山から少し下ると標識があります。

この標識からきつい登りに変わります。

 

三ツ岳のⅠ峰に着きました。

 

雨池が見えました。

帰りはあの辺通るのか・・・

 

鎖場とかもあります。

 

Ⅱ峰に着きました。

この辺滑りやすいので怖いw

 

岩だらけ

 

Ⅲ峰に着きました。

 

ここは映えスポットですね。

左の岩に腰かけて写真が撮れそうです。

 

下が見えない・・・

 

ロープウェイ方面との分岐まできました。

 

分岐からすぐのところに北横岳ヒュッテがありました。

ここで水分補給とかできます。

 

北横岳までは割と登りやすい道ですね。

 

北横岳(南峰)に着きました。

北横岳ヒュッテから結構人が増えました。北横岳はロープウェイから登りやすいので初心者におすすめですね。

 

北横岳(北峰)に着きました。

蓼科山が見えてました。

 

北横岳から大岳まではぼこぼこしてて歩きづらいです。

 

大岳との分岐に着きました。

ここから大岳までは8分くらいです。

 

大岳に着きました。

後は双子山に行くだけですね。

 

多分右側に見えている山が双子山かな

まだまだ距離がありますね。

 

大岳から双子池までは下りですが、勾配きついのと岩とか倒木が結構あって滑りやすいです。

慎重に進んでいたのでペースが上がらない・・・

 

看板が見えづらいですが天狗の庭に着きました。思ったよりここの下りがしんどいw

 

双子池ヒュッテに着きました。

ここは池の近くにテントを張ることをできるみたいですね。ロケーションがよさそうです。

 

双子池(雄)

 

双子池(雌)

こっちにテントが張れるみたいです。

 

双子山へ向かう道は結構笹が生い茂ってます。

地面がみえないくらいに生い茂ってるところもあるので足元に注意して進んでいきます。

 

開けたところに着きました。

ガスで何も見えないけど晴れてたら景色いいかも!

 

双子山に着きました。

これで今日行きたかった山はすべて登るとこができたので雨池経由で麦草峠まで戻っていきます。

 

双子池ヒュッテまで戻ってきました。

ヒュッテの裏側を通って雨池へ向かいます。

 

双子池からはオフロードの道を進みます。

歩きやすいですね。

 

大河原峠方面への分岐ですね。

従業員はここまで車で来てるみたいですね。

 

こんなところ車で通ってるのかな・・・

 

ここから雨池方面へ進みます。

 

また苔の世界

 

笹が生い茂ってきました。

目の前が道です。

 

雨池に着きました。

白くなってますが目の前が雨池です。

 

ここからだと見やすいですね。

ここでちょっと休憩します。

 

青空見えた。

 

雨池からは歩きやすい道が続きます。

 

ここの分岐はまっすぐ進みます。

右は雨池の周回コースになってます。

 

ここの分岐から麦草峠に進みます。

 

乾いてると歩きやすいけど濡れてて滑るw

 

岩の上も滑る

 

バイクの音が聞こえてきたので麦草峠が近いですね。

 

こういう道いいですね。

 

茶水ノ池に着きました。

 

ここはバランス崩すと池に落ちますね。

 

麦草峠に戻ってきました。

 

せっかく麦草ヒュッテに来たのでお茶でもしようかな。

 

甘い物と甘い物!

アイスも美味しいです!

 

yamap.com

今回のヤマップの情報です。

やっぱり大岳付近はペースが上がってないな・・・

双六岳 一泊二日

8月中旬に双六岳に行きました。

 

当日、日本列島に台風8号が近づいていましたが、岐阜県の上の方は特に影響はなかったので予定通り双六岳

今回は新穂高温泉から双六小屋キャンプ場まで行き、一泊して二日目に双六岳に登ってそのまま下山する計画になりました。

 

7時に県有公共駐車場に到着。無料駐車場が空いてなかった時はここがいいですね。ただ、16時以降は車の出入りができなくなるので注意です。

 

市営新穂高第2駐車場は工事中で駐車できないみたいです。前よりちょっと広くなるみたいですね。

 

登山口に着きました。ここから登山開始です。

 

曇りの予報でしたが晴れてますね。

 

わさび平小屋に着きました。

トマトやきゅうりとかが水に漬かってる写真撮ろうかなと思いましたが、水を抜く時間だったみたいなので帰りに撮りましょう。

 

さっきまで晴れてたのに曇ってきました。

 

オフロードコースも終わりここから本格的な登山が始まります。

この後めっちゃ雨が降ってきましたw

 

雨も止み気温が下がってきたので動きやすくなってきました。

 

でっかいカエルがいました。

全長20cmくらいあったと思うw

 

大分登ってきましたここから鏡平までは1時間くらいです。

 

笠ヶ岳方面の空は晴れてますね。

 

鏡池に着きました。

微妙に槍ヶ岳が見えないけどきれいな景色ですね。

 

鏡平小屋に着きました。

 

あまりお腹が空いていないのでかき氷を食べました。

オプションで練乳がかけれるみたいでしたが今回はやめました。

 

鏡平で割と休憩したので双六小屋まで進みます。

 

弓折まで後30分くらい、ここ超えればきついところはなくなるので粘りどころですね。

 

弓折まで着きました。

槍ヶ岳は完全に雲に隠れましたね。

 

双六岳が見えました。

弓折近くだと遠く感じますね。

 

振りかえれば笠ヶ岳

天気が良ければもっときれいに見えてたはず

 

双六小屋が見てきました。

双六小屋は見えてからが長い

 

やっと双六小屋に着きました。

 

雨が降ってきそうなので早く受付済ませてテント張ろう

 

本日のキャンプ地!

 

今日は味付け卵でビール!

 

今日は雨が降ったり止んだりな天気なので山頂に行くのは諦めよう。

明日のご来光に向けて早く寝ます。

 

次の日は3時に起きてのんびり登ります。

すでに天空の滑走路まできました。天気は雲多めなのでご来光見えるか怪しいw

 

鷲羽岳水晶岳方面がきれいに見えてますね。

 

丁度雲の合間から太陽が見えてご来光を見るとこができました!

 

太陽に照らされる双六岳の標識

ここは百名山ではないけど花の百名山になってみたいですね。

 

笠ヶ岳、そして奥に見えるのが乗鞍岳

 

山頂の景色を満喫したので双六小屋に戻ってきました。

朝ごはんは鏡平で食べたいのでテントを片付けていきます。

 

友達のテントの片づけを待ちながら景色を楽しむ・・・

 

ばいばい双六小屋・・・

双六小屋は裏銀座の中継ポイントなので水晶岳の方は槍ヶ岳の方に行くときにまた寄りたいですね。

 

弓折まで戻ってきました。

神々しい槍ヶ岳がみえました。

 

鏡平まで戻ってきました。

お腹空いたので早く朝食にしたい。

 

かき揚げうどんを食べました。

1日15食限定みたいなので運よく食べれました。

 

鏡平から結構降りてきたけどまだまだ下りは長い

橋は見えるんだけどなー

 

小池新道の入り口まで戻ってきました。

後はオフロードの道を下ってくだけです。

 

へびがいました。

近寄っても襲ってこなかったので脅威ではなかったw

 

わさび平小屋まで戻ってきました。

 

一日目に撮れなかったトマトときゅうり

 

登山口まで戻ってきました。

 

駐車場近くまで戻ってきたら雨が降ってきたので運がよかったw

 

yamap.com

今回のヤマップのデータです。

休憩が多かったのでのんびりいけました。

ペルセウス座流星群を見ようと思っていましたが、あいにくの天気で見るとこができなかったので残念。

 

五竜岳~唐松岳縦走 2日目

五竜山荘でテント泊し2日目になりました。

 

時刻は3時半、五竜岳山頂まで1時間で日の出は5時くらいなので余裕で間に合いそうですね。

まだ誰も登ってる人がいませんでした。

 

右にずれると落ちるので慎重に進みます。

 

目印を見失って迷子になったので明るくなるまで待つことにしました。

暗い時に行動する時は事前にルート確認しておかないとだめだねw

 

明るくなってきてルートがわかったので山頂へ動き始めます。

どうやら右の方にそれてたみたいでした。落ちなくてよかった・・・

 

なんとかご来光に間に合いました。

白馬の方までしっかり見えてますね。

 

五竜岳到着!

 

劔岳のモルゲンロートがきれい

 

結構人が集まってきたので山頂を後にします。

 

鹿島槍ヶ岳方面もきれいに見てました。遠くの方に槍ヶ岳も見えてます。

 

暗くて見えてなかったけど五竜岳山頂付近は結構ゴツゴツしてるんですね。

 

五竜山荘にヘリが来てました。

 

ここまでこれば危ないところは少なくなってきます。

 

五竜山荘まで戻ってきました。

晴れてるといい景色ですね。

 

なんか雲が上がってきてる感じがするので早くテント片付けて出発します。

 

バイバイ五竜岳・・・

 

五竜山荘から唐松山荘までは、五竜山荘から300mくらい下がって同じくらい上がるコースです。

東側の雲が大分上がってきたのでこのまま行くと唐松岳上がった時にはガスガスですねw

 

五竜岳は雲が掛かってきました。

 

劔岳も雲が掛かってますね。

 

大黒岳に着きました。

ピークがここであってるのかよくわからないw

 

唐松岳が曇ってきました。

山頂からの景色に期待できなくなってきました。

 

唐松山荘付近は鎖祭りですね。

落ちないように慎重に進みます。

 

あれがピークかな

 

唐松山荘が見えてきました。

 

唐松山荘に着きました。五竜山荘から約2時間でつきました。

 

山荘に荷物置いて唐松岳へ向かいます。

 

唐松岳に着きました。

めっちゃガスってますね、晴れそうになかったので下山します。

 

山荘まで戻ってきました、荷物回収して下山します。

 

後は下るだけなので楽ですね。

 

丸山ケルンまできました。

 

雲っててあまり見どころがなかったので丸山ケルンからノンストップで八方池まできました。

八方池からの景色も期待できないので八方ケルン経由で進みます。

 

これだけ雲ってて平日なのに結構人多いですね。

 

八方池山荘が見えてきました。もう少しです。

 

八方池山荘まできました。

後は五竜スキー場まで戻って車を回収するだけですね。

八歩尾根スキー場と五竜スキー場のシャトルバスは去年まで出てたみたいですが、今年はないみたいなのでタクシーで戻りました。

 

yamap.com

今回は割と余裕をもちながら登山できたと思います。

 

五竜岳~唐松岳縦走

8月上旬、五竜山荘に売ってる「山が好き、酒が好き」Tシャツが欲しいと思い五竜山荘に泊まって五竜岳へ行くことにしました。

五竜岳と言えば鹿島槍ヶ岳との縦走が人気ですが、鹿島槍ヶ岳方面の山小屋が予約いっぱいだったので今回は諦めることにしました。

 

8時に五竜スキー場に到着、次の日が平日だったこともありあんまり車が停まってませんでした。

 

すでに曇ってるからあまり景色には期待できなそうです。

朝は晴れるみたいなので明日に期待ですね。

 

アルプス平駅に着きました。

リフトでさらに上まで登れますが、高山植物見ながら登りたいと思ったので自力で登ります。

 

まだ高山植物の名前全然わらないけどきれいですね。

 

地蔵ケルンに着きました。

ここから登山道に入ります。

 

ふむふむ、曇っててわからん・・・

 

見返り坂に着きました。

天気がよければ白馬三山が見えるみたいです。

 

地蔵の頭からこんな感じの道が続きます。

 

全然人いない・・・

 

小遠見山に着きました。

後、中大とあります。ピークは何回かありますがアップダウンが激しくないのであまり苦にはならないですね。

 

小遠見山から少し下ると五竜登山口がありました。

ここが本当の登山口みたいですね。

 

中遠見山に着きました。

五竜岳の下の方が見えてきました。

 

大遠見山に着きました。

ピークっぽいところに続く道はありましたが生い茂っていたので見に行くのはやめましたw

徐々に人を見かけるようになってきました。なんで序盤は人と出会わなかったんだろう・・・

 

なんか広いところにでました。

ここで休憩するといいですね。

 

ちょっと青空が見えてきました!

今日はだめかと思ってたけどワンチャン晴れるかも!!

 

尾根が見えてきました。

どうやらあそこが遠見尾根で一番きつい勾配みたいですね。

 

ちょっと長い鎖場がありました。

前日の雨で滑りやすので慎重に登ります。

 

五竜山荘が見えてきました。もうちょい!

 

あちら側は唐松岳方面ですね。晴れてると稜線がきれいそうです。

 

五竜山荘に着きました。4時間くらいで着いたのでいいペースできてますね。

早速チェックインを済ませます。

 

Tシャツが売ってました!割とすぐ売れきれるって書いてあったような感じがしましたが結構ありました。

 

テント設営してお昼にしましょう。

テント客は10組くらいでした。

 

今日のお昼はベーコンとビールです♪

ベーコンは焼くだけでうまくなるのでいいですね。

 

お昼を食べていたら天気が大分良くなりました。

虹が見えてきれいです。

 

きれいな景色を見ながらコーヒーを飲むのは最高ですね。

前買ったゆるキャンのマグカップがかわいいですw

 

五竜岳もガスがなくなってました。

またガスりそうだったので登るのは明日にします。

 

遠見尾根そして夏の空

 

唐松岳も見えてました。

ここからだと白馬岳は見えないんですね。

 

キャンプ場から夕陽を見られるなんて贅沢なキャンプ場ですね。

 

夜は雨が二回くらい降ってましたが晴れて星がきれいでした。

月明かりが眩しすぎて天の川が薄っすらとしか見えなかったw

 

今回は長いので二回に分かれます。

夏の阿弥陀岳

6時半に美濃戸登山口の駐車場に到着。

この日は駐車場にまだまだ余裕がありました、赤岳山荘まで普通に車で行けるようになったからかな。

駐車場代は前払いになってました。

 

登山開始です。

今回は美濃戸登山口から御小屋山経由で阿弥陀岳までピストンで戻ってるくるルートです。

 

最初は別荘地を抜けていきます。

勾配があるので結構きつい

 

しばらく登ると舗装がなくなります。

 

さらに登ると本格的な登山道になります。

 

御小屋山まではなだらかな勾配が続きます。

ただアブが追尾してくるので結構鬱陶しいw

 

舟山十字路駐車場との分岐まできました。

 


分岐からすぐのところに御小屋山があります。

御小屋山からはアップダウンの少なめの道になります。

 

ちょっと開けてるところがありました。

編笠山権現岳が見えます。

 

水場への分岐まできました。

まだ水分に余裕があるので帰りに寄ろう。

 

水場から急勾配になります。

 

諏訪方面はしっかり晴れてますね。

 

阿弥陀岳が見えてきました。

まだ標高差がありますね。

 

天狗岳や硫黄岳もきれいに見えました。

 

森林限界を超えて開けてきました。

山頂まで残り200mくらいです。

 

雲が結構上がってきてますね、山頂まで天気がもって欲しい。

 

ここまでこれがきつい登りはないです。

 

阿弥陀岳の後ろに赤岳が見えてきました。

なんか雲が多くなってきたような感じが・・・

 

八ヶ岳の後ろが真っ白w

 

結構雲が上がってきてますね。1時間くらいでこんな天候変わるものかなw

 

阿弥陀岳に着きました。

3時間くらいで辿り着いたのでコースタイムよりちょっと早いくらいでした。

 

本日の登山飯は麺神のカレーうどん、これもまたおいしい!

麺神シリーズはどれも美味しく、はずれがないですね。

 

休憩してたらガスガスw

展望も悪くなったので下山します。

 

水場との分岐まで戻ってきました。

ここから2,3分歩くと水場があります。

 

水場がありました。
結構滑りやすいので注意ですね。

水は美味しかったです。

 

別荘地帯までもどってきました。

美濃戸登山口近くでゲリラ豪雨になりましたが、車まですぐだったのであんまり濡れずにすみましたw

 

yamap.com

今回のヤマップの情報です。

累積標高差が1400m近くあるので決して楽ではなかったですね。

ギリギリ天気がもって助かりました。

千畳敷カール~空木岳縦走

7月9日に千畳敷カールから空木岳まで縦走して、そのまま下山してきました。

 

5時過ぎにチケット買って並んだら結構並ぶとこに・・・

千畳敷の始発結構並ぶなw

天気は曇りだったので木曽駒ケ岳行くか迷いましたが、とりあえず片道チケット買って上に着いたらどっち行くか考えることにしました。

 

千畳敷カールに着きました。

微妙な天気ですが青空が見えてるところもあったので空木岳方面へ!

 

あんまりいい景色じゃないけど一応南アルプス方面も見てみる。

ギリギリ富士山が見えてました。

 

あまりのんびりしていられないので登山開始です!

時刻は7時半、10時間で登っても下山できるのは17時半かー

夕方から雨降るかもしれなかったので早く下山しないと・・・

 

千畳敷駅には人がたくさんいたのにこっち来る人は全然いない・・・

 

こっからの千畳敷カールの景色も割と好き

 

まだ雪が残ってるところがありますね

去年もここだけ雪が残ってたような感じがします

 

極楽平に着きました。

西側はまだ雲が少ないですね、御嶽山が見てました。

 

ここから空木岳まで縦走です。

 

三沢岳もいずれ登ってみたい

 

極楽平過ぎてからは歩きやすいですね

 

木曽駒ケ岳方面はガスがかかってないな

やっぱ木曾駒ケ岳登っておけばよかったなとか思ってたかな

 

雲がいい感じ掛かってて荒々しさが出てますね!

一番奥に見えてるのが空木岳かー遠いな・・・

 

このままの天気で空木岳まで行きたいな

 

濁沢大峰に着きました。

 

檜尾岳が見えてきました。

また、下って登らないといけないのか・・・

 

下ってる道中で梯子とかありました

 

檜尾岳に着きました。

結構雲が上がってきたな

 

7月22日から開業の檜尾小屋が見えました。

檜尾岳から割と近そうですね、いずれ泊まってみたいな

 

細かいアップダウンが結構あって思うようにペースが上がらない

ハイマツが生い茂ってるところも多いので肌を露出してると刺さりますw

 

アスレチックみたいなところに来ました

たまにこういうところがあるから怖い

 

熊沢岳に着きました。

 

景色楽しむどころじゃなくなってきたw

まぁ予報通りなんだけどもうちょっともって欲しかったな

 

東川岳に着きました。

ここまでこれば後は下って登れば空木岳です!

 

木曽殿山荘付近まで来ましたが、ここで結構下りますね

最後の登りがきつそうです

 

木曽殿山荘まで着きました。

この辺あたりで水分補給できるところなのでしっかり水分補給します。

外で昼飯しようと思いましたが、ハエが多すぎて断念・・・

 

ちょっと休憩して最後の登りへ

木曽殿山荘から400mくらい登るみたいですね、ここまで体力削られているので割ときついです。

 

山頂に中々辿りつかないw

 

お腹空きすぎて山頂着く前に昼飯にすることにしました。

多少はハエが少ないところだったのでよかったw

 

まぜそばを作りました!

美味しくできたと思いますが追い飯忘れたのショック・・・

食べて体力が回復したので山頂へ!

 

空木岳に着きました!

6時間くらいかかったけど、なんとかたどり着てよかったです。

曇ってて展望よくないし、早く下山しないと雨降りそうなのですぐに下山しました。

 

駒峰ヒュッテがすぐ近くにありました

 

駒峰ヒュッテに着きました。

どうやら一日前から開業してたみたいで、準備しながら営業してるみたいでした。

 

コーラがありました!

めちゃくちゃ疲れた体に染みる~

状況のせいか過去一うまかったかもしれんw

 

休憩したところで下山します

駐車場まで4時間くらいかかります

 

バイバイ空木岳

 

こんなところにヘリポートがありました

お手製なので消えてもすぐ作れますね

 

駒石ですね

頑張れば登れそうですが、登る体力がないw

 

菅の平バス停~空木岳までのルートは見どころや分岐に標識があり標高と距離が書いてあります。

まだ2000m近く降りないといけないのでしんどいですねw

 

避難小屋経由するルートとの分岐まできました

避難小屋は幽霊が出るとか噂があるみたいですね

 

知らない間に樹林帯に入りました

特に見どころもない樹林帯をひたすら下ります。

 

ちょくちょく階段がありました

 

長い鎖場もありました

足が滑りやすかったので危ないところですね

 

マセナギまで来ました

マセナギってなんだろう?

駒峰ヒュッテから2時間くらいだったので、だいたいここが中間地点ですね

 

池山経由するルートとの分岐まで来ました

ここは水が湧き出てるところがあるので水分補給ができました

ここ来たあたりから結構雨が降ってきたので池山諦めて最短ルートで下山するとこに

 

タカウチ場まできました

この辺りは分岐が多いので地図見てないと迷いやすそうですね

この雨の中700mくらい降りないといけないのかよ!とか絶望したましたw

 

ちょっと開けてるところがありました

駒ケ根市が遠い・・・

 

林道の最終地点まで降りてきました。

どうやらここまではオフロードだけど車で来れるみたいですね

 

下山道は右ですが左にも矢印があるので一応地図確認しておかないとね

左はオフロードなので左からでも下山できるみたいです

 

スキー場の駐車場にある登山口まできました

菅の平駐車場までもう少し!

 

菅の平駐車場まで戻ってこれました。

ここまで無事戻ってこれたとこに思わずガッツポーズしましたw

時刻は6時半なので7時半最終のこまくさの湯に間に合う!

早く風呂入って飯を食べたい!

 

夕食は明治亭でサーモン丼をいただきました。

明治亭はソースカツ丼が有名ですがサーモン丼も結構おいしいですので是非

 

yamap.com

ヤマップの情報です。

千畳敷カールから空木岳行くと下り3000mあるんですね

日帰りだときついルートでしたが、なんとか登頂できてうれしかったです。